テーブル1

Vol.3 ジャンキー・HIDEのエッセイ
宮古島遠征・リポートU〜  
 

またしても宮古島遠征に行ってきました(^O^)

実を言うと、今回で4度目の宮古島遠征(^w^)

初回は前回のエッセイ、2回目はカンパチジギングで、カンパチ、キツネフエフキ、
名前の解らないアカイサキのような魚、毒を持っていそうな変なタコ、
そして船内が大興奮になった3mオーバーの巨大なサメを釣り、
3回目の遠征は、力を抜いてのキャスト練習で、バラハタを釣り、今回が4回目になりました(^O^)

まずはパヤオでジギングから。

漁師船に便乗させてもらい、宮古島から船で2時間程進み、パヤオへ。

漁師さん達は、デッドベイトを使った流し釣り、自分は一人でジギング(^O^)

とりあえず70m程ラインを出してシャクルと、直ぐにヒット!!
釣れたのは2kgくらいのキメジでした。

しばらく流していると、鳥がザワザワと…。
この落としは釣れると思い、ジグを投入し、70mくらいラインを送り、
シャクっていると、ガツンと良いアタリ、ブッキング成功(^O^)
ドラグがジィ〜っと出て行く。
少しドラグを締め込み、ファイトして上がってきたのは12kgのキメジでした(^O^)

その後も一人で2kg〜5kgくらいのキメジを数本釣り上げ、小型が多いのでパヤオ移動。

次のパヤオで、ジグを投入すると、フォールで何かがヒット!!
フッキングさせると、ドラグが少し出て、巻き上げてみると7kgの本ガツオでした(^O^)

そして、また鳥がザワザワと…
その鳥の下で、20kgくらいのキハダが跳ねる!!
期待しながらジグを投入してシャクルと、直ぐにヒット!!

フッキングさせると、久々にドラグがジィーーーーーっと、なかなか止まらない(^_^;)

魚の引きを楽しみながらファイトして上がってきたのは、26kgのキハダでした(^O^)V

漁師さん3人が中々釣れない横で、ジギングで爆釣してしまい、
少し悪い気もしましたが、最終的に2〜26kgのキハダを15本くらい(20kgオーバーは4本)に、
3〜7kgのカツオ2本と、満足のいく釣果でした(^O^)

ちなみに漁師さん達3人で釣れたのは4本だけと、少し悲しい結果になっていました(^_^;)

パヤオに行った2日後にGTへ。

今回もMORIZOさんに行ってきました(^O^)

今年は、GTの産卵が遅れているらしく、状況的には少し厳しいみたいでしたが、
今回も頑張ってきました(^O^)

宮古島は1週間程前に梅雨入りしましたが、この日は梅雨明けしたかのような晴天になりました(^O^)

午前中は根周りを攻めて行き、バイトはあるものの、フッキングには至らず、
しばらく流してみるが、状況は変わらず(T_T)

後半は、小魚のナブラを探してのナブラ打ち。

しばらくキャストしていると、待望のヒット!!

フッキングさせてファイトするが、魚が小さい(ToT)
ドラグを鳴らす事もなく上がったのは、5kgくらいの良型カスミアジでした(^O^)
カスミアジは、お土産で確保(^w^)

その後、厳しい状況が続くなか、同船者にGTがヒットして、
15分くらいのファイトの末に上がってきたのは28kgの良型GTでした(^O^)

時間的にも、あと少しで終了時刻(-o-;)

何とか本命GTをゲットするべく、最後まで諦めずにキャストしていると、ついにヒット!!

フッキングさせてファイト!!

しかし、またしても楽に寄ってくる(^_^;)

上がったのは10kgくらいのGTでした(^O^)
まあ、厳しい状況下で、嬉しい本命ゲットという事で\(^O^)/

サイズは小さいですが、数では竿頭いただきました(^O^)

写真はGTが大きく写るように、船長が頑張って撮ってくれました(笑)




2011年5月

by HIDE

テーブル3
テーブル1

Vol.2 ジャンキー・HIDEのエッセイ
宮古島遠征・リポート  
 

土曜日に那覇に行き、本島の友達と産業祭りに行き、夜は宴会〜カラオケで、
ホテルに帰ったのが明け方4時半でした。

日曜日に那覇〜宮古島に渡り、他の仲間より1日早く宮古入りしました。
月曜日〜水曜日の3日間の釣行予定でしたが、北に高気圧が停滞するは、
南から台風が接近してくるはで、月曜日だけしか出船できず、
他の仲間は、宮古島入りを諦めるとの連絡があり、
池袋サンスイさんの協力で、贅沢にも1人で船をチャーター(^O^)

今回お世話になったのは、宮古島の平良港出船の『MORIZO』さんで、
船のデッキには邪魔な物が一切無いフルフラットになっていて、
船長も大変釣り好きで、色々と丁寧にアドバイス&アシストしてくれ、最高の船でした

貴重な一日の釣行で、GTをゲットするべく出船!!

ポイント到着して2キャスト目に、いきなりバイトがあったが、単発で終了(ToT)
しかし、スタートからバイトがあるとは、かなり期待でき、ルアーをキャストし続けるも、
ベイトはたくさんいるものの、GTのバイトは無く、ウミガメや、ウミヘビが海面に挨拶にきて
くれたりしてる内に潮止まり(-_-;)

しばらく休憩もかねて底物釣り!!

得意のインチクで底を叩くと、ナイスサイズのアカジン(スジアラ)ゲット…
と思い刺身を思い浮かべながら抜き上げようとしたら、
フックが伸びて船縁リリース(ToT)
その後、小さいアカハタや、バラハタを釣り、
潮も動き始めるので、GT狙いへ!!

一人でルアーをキャストし続けるも、GTらしきバイトは、
単発で2回ほどあっただけで、興奮状態には至らず(T_T)

少しポイントずらし、風も強くなってきたとこで、船長からラスト3投の一声がかかり、貴重
な3投の1投目は、見事なまでの失投(ToT)

一呼吸おき、少し落ち着いたとこで2投目…ポッパーで
海面をガポッ…ガポッ…ドンッと強烈なバイトと共に、待望のヒット!!
水深は20m位でドラグは強め、船長にギンバルをお尻から前にずらしてもらったのはいいけど、
ベルト調節し忘れてて、ギンバルが高い位置にあり、疲れてるのと、ギンバルが上過ぎで、
なかなか大変なファイトになりましたが、約10分くらいで待望のGTゲットしましたv(^O^)v

ベニーダの名を汚さぬように頑張りました(^O^)


夜は船長と夕食、色々とアドバイスや、これからの課題も頂き、
楽しく貴重な一日になりました。



2010年10月

by HIDE

テーブル3
テーブル1

Vol.1 ジャンキー・HIDEのエッセイ
七里遠征・第2弾リポート 6月9日〜11日  
 

〜〜〜〜〜  1日目  〜〜〜〜〜
今回の七里遠征は、9日は移動日で夕方に羽田空港を出発して、
福岡空港に到着後、すぐに中洲屋台街に行き夕食をとり、
中洲を少し歩き回り、今回お世話になった八丸のある佐賀県伊万里市に移動(^_^;)
福岡から車で約1時間半ぐらい(かなり飛ばして)で
伊万里市に到着して、宿が無いので車内で就寝(~_~;)


@中洲屋台街

〜〜〜〜〜  2日目  〜〜〜〜〜
早朝5時出船!!
…したけど、壱岐辺りで時化の為Uターン!!
そのまま伊万里に戻り、暇つぶしでエギング(^_^;)
約1kgのスミイカをGetしたが、写真撮る前に捌いて食べちゃいました(~_~;)

〜〜〜〜〜  3日目  〜〜〜〜〜
早朝5時出船!!
多少ウネリの残る中、6時半頃、七里ヶ曽根に到着!!
ベイトの反応は多数出るものの、いくらシャクッテもアタリは無し(>_<)
そんな嫌なムードが漂う中、遠くでマグロが跳ねた!!
…が、漁師の船に邪魔され、キャスト出来ずに時間だけが過ぎていき、
暇つぶしにジギングをやるも、何も釣れない(T_T)
魚が見たいと言う、皆の意見から、自作のインチク投入!!
1投目からHit!!良型のアラカブをGet(^O^)v
その後もインチクで頑張ると、又してもアラカブGet!
またまたインチクで頑張ると、またまたHit!!
釣り上がったのは、特大アコウ(キジハタ?)
最終釣果は、船中アラカブ2匹、アコウ1匹でした。



1日だけでマグロを狙うのは厳しいです(T_T)
飛行機の時間の問題で、ボイルが出る頃には港に向けて帰路につかなくてはならないですし(>_<)

2回連続で、九州の海に嫌われてしまいました(T_T)
いつかリベンジしてやるぅ(T_T)



P.S.ちなみに、今回の遠征では、シイラの姿も見えたので、
行くならシイラタックルもあったほうがいいかもですよ(^O^)
船は、前回行った華栞丸がいいと思いますよ(^O^)b
空港からも近いし、船長も、とてもいい人です(^_^)


2007年6月

by HIDE

テーブル3
エッセイTOPへ